ブライダルエステで結婚式を自分史上 最高の美しさで

2016.11.21エステ

ブライダルエステで結婚式を自分史上 最高の美しさで

  1. ブライダルエステで結婚式を自分史上 最高の美しさで

よく言われているのが、『人生で自分が主役になれるのは3回』ということ。

1回目は生まれた時。
2回目が結婚式。
3回目がお葬式。

しかし、生まれた時とお葬式には自分が主役であるという実感はできません。
唯一実感できるのが結婚式。結婚式は一生に一度の晴れ舞台です。自分が輝く最高の舞台に、自分史上最高の美しさで1日を過ごしたいと女性なら誰もが思うのではないでしょうか。

そんな花嫁の思いを叶えるのがブライダルエステです。
今回はブライダルエステの魅力について紹介していきます。

「ブライダルエステとは」


ブライダルエステとは、結婚式当日を最高のお肌のコンディションで迎えられるためのエステコースです。
日常的に肌の調子を綺麗に整えるのが目的の普通のエステとは違い、ブライダルエステは結婚式当日にドレスを最高に美しく着れるようにコンディションを整えることを目的としているので、主にドレスから見える部分を中心にケアをしていきます。近年のゼクシィ結婚トレンド調査では94%の女性が結婚式前にブライダルエステへ通っていることがわかりました。

エステの内容としては、脱毛、シェービング、フェイシャル、痩身、ニキビケアなど様々です。一人一人の肌質や体質、生活習慣によってお肌のトラブルに個人差があるため、エステの担当者がカウンセリングを行い、花嫁に合わせたプランを組み、花嫁はそのプランに合わせて複数回エステに通うのが一般的です。


ほとんどの女性は普段からお肌のケアには気を遣われているとは思いますが、挙式に向けて顔や背中、二の腕などの肌荒れを専属エステティシャンの協力のもと解消し、最高のコンディションに仕上げていくのでとても心強いですし、式当日の自分を想像するのがとても楽しみになります。

ゼクシィ結婚トレンドの調査では、式当日までにエステへ通う平均回数は6回でした。どうやら2〜3か月前から定期的に通い始める方が多いようです。回数は個人差やコースによって異なりますので、10回通う方もいれば、1、2回の方もいます。半年以上前から通い始める方もいれば、シェービングなど簡単な施術を挙式の数日前に一度だけ行う人もいます。

「ブライダルエステの予算」


近年ゼクシィが挙式前の花嫁にとったアンケート結果によると8.4万円でした。金額だけみると決して安くはありません。しかし、内容を見てみると10万円以上予算をかける女性が約35%を占め、一部のセレブの方が平均を上げているようにも見えます。また、数百万円の結婚資金の内訳に入れると8.4万円も普段とは違う感覚で見えてくるのも事実です。
この時期は、ブライダルエステの他にもいろいろなことにお金を使うタイミングなので、9割以上の女性がブライダルエステに通いますが、予算に関しては個人差が大きいようです。予算も花嫁が出す夫婦、花婿が出す夫婦、二人で出し合う夫婦などそれぞれの夫婦事情があるようです。

続いてブライダルエステで行われる施術についてより具体的に紹介していきます。

「フェイシャルエステ」


お顔を肌の調子を整えていきます。純白のウェディングドレスにはやはり真っ白ですべすべなお肌がよく似合います。花嫁は最も注目を集める存在ですから、お顔のケアはとても重要ですね。ニキビ、吹き出物などの肌荒れを解消し、最高の肌コンディションで当日を迎えられるようになります。

「デコルテ・背中」


デコルテ・背中部分はドレスを着た時に露出する部位なので、ブライダルエステならではの人気コースです。背中は自分ではケアしにくい部分でもあるので、ブツブツやニキビ痕などをきれいにしたい人にはおすすめです。また、首から鎖骨にかけてのデコルテは、年齢が出やすい部位でもあり、エステに通いでハリが出すことで一段と美しくなります。

「二の腕」


披露宴ではケーキ入刀や各テーブルを回ってろうそくに火を灯すなど、腕を使う催し物が多くあります。そんな時にぷよぷよの二の腕は恥ずかしいと思われる方には痩身エステをおすすめします。

「まとめ」


このようにビスチェタイプのウェディングドレスを着ると胸から上の肌が広範囲に露出します。
少しでもドレスが映えるように、肌の見える部分をブライダルエステで綺麗にして、自信を持って結婚式当日を迎えましょう!

そして、

一生思い出に残る1日を自分史上最高の美しさで過ごしましょう!

twittertwitter

facebookfacebook

LINELINE

お肌についてのお悩みなど
お気軽にご相談ください

お客様のお肌に最適な
ご提案をさせていただくために
一人一人ヒアリングを
させていただいております。